インドの伝統的な木版プリントで作成するハンカチ、バンダナ、ファブリック

 

 

アドゥミと読みます

 

ヒンドゥー語で「ひと」という意味です。

 

アドゥミのマークは、

漢字の「人」から生まれました。

 

人と人のつながり

心と心のつながり

国と国のつながり

 

そんな目に見えない

「つながり」をあらわしたものでもあります。

 

インドでの旅で出会った人たちは、

豊かな心、生きる強さ、優しさを持って

私を迎えてくれました。

木版プリントを始め、興味深い伝統技法にも出会いました。

人の手がつくりだすものの温かさ、力強さを改めて感じました。

 

彼らと一緒にものづくりがしたい

 

その思いがアドゥミの始まりです。

 

人と人が心を通わせ、ものをつくる。

人が人を思い、ものをつくる。

 

人と人、心と心、手と手、

いろいろな意味での「つながり」を

いつも忘れないように。

 

 

admi デザイナー / 堀 千春

美術大学でテキスタイルデザインを学び、卒業後に訪れたインドで木版プリントに

出会い2008年にadmiをスタート。インドの職人さんたちの協力のもと、

木版プリントとインド綿にこだわって、楽しく心地良い布づくりを目指し活動しています。